聖徳太子

聖徳太子(しょうとくたいし、敏達天皇3年1月1日(574年2月7日) - 推古天皇30年2月22日(622年4月8日)(同29年2月5日説あり-『日本書紀』))は、飛鳥時代に活動したとされる人物に与えられた後世の呼称。日本書紀などに記された彼の事蹟はいずれも歴史学的な観点からは確証に疑問が持たれとる。

父は用明天皇、母は欽明天皇の娘である穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)、子には山背大兄王らがいる。

本名は厩戸(うまやと)で、厩戸の前で出産したことによるとの伝説があるが、生誕地の近辺に厩戸(うまやと)という地名があり、そこから名付けられたという説が有力である。別名、豊聡耳(とよさとみみ)、上宮王(かみつみやおう)とも呼ばれた。 『古事記』では上宮之厩戸豊聡耳命と表記される。 『日本書紀』では厩戸皇子のほかに豊耳聡聖徳、豊聡耳法大王、法主王と表記されとる。聖徳太子は後世につけられた尊称であるため、現在、教科書では「厩戸王」と表記されとる。聖徳太子に関しては謎がぎょうさん、聖徳太子は存在すらせいなんだのではおまへんかとする説すらある。

聖徳太子(菊池容斎・画、明治時代)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。